毎日王冠組はマイルチャンピオンシップでどう?

下半期の王者はいかに?マイルチャンピオンシップ

毎日王冠は、天皇賞秋のステップレースとされるレースです。 東京競馬場の1800mなので、同じ東京競馬場の2000mである天皇賞秋を目指す馬には、最適なステップとなっています。 しかし、近年はマイルチャンピオンシップでも、毎日王冠組はマスコミから注目される存在です。 マスコミから注目される理由は、レースのレベルが高いからです。 毎日王冠は天皇賞秋を目指す中距離馬と、マイルを得意とする一流馬が激突する舞台となっています。

そのため、出走するメンバーはG1級と言っても過言ではありません。 それほど高いメンバーレベルの中で好走すれば、マイルチャンピオンシップで有力視されるのは当然でしょう。 ですから、マイルチャンピオンシップでは、近年毎日王冠組が注目されています。 しかし、過去10年のデータを紐解いてみると、毎日王冠からマイルチャンピオンシップに直行した馬の成績は良くありません。 マイルチャンピオンシップで1番人気に推された馬がいるにも関わらず、勝利した馬は1頭もいません。

なので、実際にデータを調べてみると、世間での注目度に比べると成績が良くないことがわかります。 ただし、毎日王冠に出走した馬の全てが、マイルチャンピオンシップで成績が悪いわけではありません。 毎日王冠を使った後に、天皇賞秋を使ってマイルチャンピオンシップに出走した馬は、比較的成績が良いです。 ダイワメジャーやカンパニー、サダムパテックはこのローテーションで勝利しましたし、2着馬や3着馬もいます。 つまり、マイルチャンピオンシップに直行した馬ではなく、間に天皇賞秋を使ったローテションの馬を狙うべきなのです。 このローテーションを使った馬の全てが、好走するわけではありません。

しかし、過去のデータから比較的好走例の多いローテーションであることに変わりはないので、予想するときには覚えておくと良いでしょう。 マイルチャンピオンシップが開催される週になると、スポーツ新聞には毎日王冠組に注目する記事が多くなり、意外と人気になります。 そのため、予想するときには馬柱で前走を確認して、とりあえずチェックするでしょう。

ですが、一番注目しておく必要があるのは、馬柱の2走前です。 馬柱の2走前と前走を確認して、マイルチャンピオンシップで成績の良いローテーションなら、無視することはできません。 必勝とも呼べるローテーションをとってきた馬なら、好走する確率はかなり高いと言えるでしょう。

© 2016 上半期マイル王者決定戦!マイルチャンピオンシップとは